シミ、しわのない手は今でも魅力的な女性のパーツの一つ

シミ、しわのない手は今でも魅力的な女性のパーツの一つ

シミ、しわのない手は今でも魅力的な女性のパーツの一つ

「白魚のような指」、と細くて色白な指のことを昔は言いました。

 

「しらうお」、今の若い人が正しく読むことができるかわかりませんが、
シミ、しわのない手は今でも魅力的な女性のパーツの一つです。

 

白くて美しい手なら、指輪は素敵に見えますし、ネイルも映えます。

 

顔だけでなく、手も美しい方が若々しい印象が高まります。

 

ただ、そうは言っても顔はお手入れやお化粧で気をつかっても
手にはなかなか神経が行き届かないことが多いものです。

 

真冬に手荒れが気になり、その季節だけハンドクリームを塗っておしまい、
という方も多いのではないでしょうか?

 

できるだけ簡単、低予算で美しい手でいるためにできることを
今日から始めることをおすすめします。

 

手も顔の続き

 

顔にローション、クリームをつける時は手にも忘れずに塗ります。
2週間に1度くらいは、手もスクラブで角質を落とします。
ガサガサ、ゴワゴワの肌には良い成分も入りづらいからです。
お風呂場に、2、3度つかったきりのスクラブは眠っていませんか?
手の甲だけではなく、指と指の間、節、手首だけでなくひじの黒ずみも一緒にきれいにします。

 

日焼け止めは手にも塗る

 

夏場の外出時、手にも日焼け止めを忘れずに塗ります。
体用の製品より、手専用の日焼け止めクリームの方がしっとりします。
保湿し、保護するのはお肌ケアの基本です。

 

食器を洗う時はゴム手袋

 

キッチン用の洗剤は強いものが多いです。
素手で洗って自分の手の潤いをなくさないようにします。

 

石鹸とクリームはセット

 

手を洗ったら、すぐにクリームで保湿します。
歯を磨いたら、リップクリーム、と同様です。

 

ポーチにはハンドクリーム

 

いつでも保湿できるよう、ハンドクリームを持ち歩きます。
香りの強すぎるものですと、周りに不快感を与えるといけないので
外出用のクリームは無香タイプを選びます。

 

一日の終わりにも保湿

 

寝る直前にもクリームを塗ります。
この時だけは自分の好きな香りのものを使います。
ローズ、ラベンダー、好きな香りのものでしたら安眠効果も高まるようです。

 

自分が真っ先に見る手が美しければ、心も和らぐと思います。
面倒なマッサージではなく、毎日の小さなケアだからこそ、気負うことなく続けやすいはずです。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ