筋肉を付けてハリのある胸を、しなやかな足を

筋肉を付けてハリのある胸を、しなやかな足を

筋肉を付けてハリのある胸を、しなやかな足を

一般的に筋肉トレーニングを行うとムキムキになってしまうのでは、といった間違った想像をしてしまうかたがいらっしゃるかもしれません。

 

ムキムキになるのはかなり高強度の筋肉トレーニングと大量のタンパク質が必要となりますので、普通の筋肉トレーニングではまずまずそういうことにはならないということを覚えていてください。

 

 

では、気軽にできる筋肉トレーニングメニューですが、まずハリのある胸の作り方です。
若ければ胸のハリはあって当然なのですが、年齢とともにハリが無くなってくるものですよね。

 

そこで、腕立て伏せです。

 

腕立て伏せというとその名の通り腕が強くなるイメージですが、まあそこそこ当たっています。

 

どうやって行うかですが、おそらく腕立て伏せ自体したことのない方が圧倒的多数でしょうからまず、やってみて下さい。
正しくは体を真っ直ぐにし、おなかが垂れたり、そったりしない状態での腕立て伏せです。
どうでしょうか?一回もできないでしょうか?でも問題無いです。

 

膝をついてやってみて下さい。
できるのではないでしょうか?
始めはそこからで良いです。

 

そこから始めるからこそ効果てき面なのです。
手は肩幅より大きく広げて床を押す感じで行うと胸に効きますが、負荷はとても強くなります。
おそらく胸より、肩の前部がしんどくなるか二の腕がしんどくなってしまうでしょう。

 

始めはそこがまず強くならないといけません。

 

頻度ですが、筋肉トレーニングですので、10回から15回を2セット〜3セットをして、2日くらい休んでまたするの繰り返しです。
効果が出るのは3か月後ですので辛抱強く取り組んでください。

 

30回も余裕でできるようになれば、膝をつくのをやめて普通の腕立て伏せに切り替えてやってください。
普通の腕立て伏せが30回もできるようになればもういいです。

 

後は筋肉の維持をしていくだけなので、30回一セットを週に2回やれば十分です。
足りないと思われるのなら、30回3セット(2セット目、3セット目は20回くらいになってもいいです)やって50回なり60回なりを目指してください。
これでハリのある胸が手に入ります。

 

次にしなやかな足ですが、これは日常から歩く癖を付けることです。
とにかく歩きやすい靴をえらぶことから始まります。

 

歩きにくい靴ですと歩くのが嫌になるので、そこから変えていきましょう。
別にジョギングやランニングの必要はありません。

 

歩くだけで、ふくらはぎはいい感じに鍛えられ、しなやかな女性らしい足になります。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ