背中ニキビの原因と対処法

背中ニキビの原因と対処法

背中ニキビの原因と対処法

背中は意外とニキビができやすい部位です。痛みやかゆみで気がつき、気が付いたときには悪化していることが珍しくありません。

 

背中ニキビはどうしてでき、どうすれば解消できるのでしょうか。

 

美肌

 

背中ニキビの原因

 

背中は衣服の摩擦や紫外線を浴びて刺激を受けています。刺激を受けるとバリア機能が低下し、古い角質が蓄積して毛穴つまりが起こります。

 

皮脂が毛穴内部にたまってニキビになり、アクネ菌が繁殖して悪化します。背中は皮膚が厚いのも毛穴つまりを起こしやすい原因です。

 

シャンプーのすすぎ残しが原因になることもあります。すすぎ残しがあると洗浄成分が刺激になってバリア機能を破壊します。成分が毛穴に詰まって毛穴つまりを起こします。

 

原因を取り除く

 

ニキビを根本から解決するためには原因を取り除くことが大切です。

 

シャンプー後、背中を流し忘れていませんか。シャンプーをしたら背中にもシャワーをかけて洗浄成分が残らないようにしましょう。洗う順番を気をつけることでもシャンプーが残らないようにできます。まず髪を洗い、次に体を洗います。体を洗ってから入浴すると、入浴中にシャンプーが落とされます。

 

バリア機能を回復させる

 

バリア機能が回復することでニキビができにくい状態になります。保湿をするとターンオーバーが正常になって、健康なバリア機能が回復します。

 

背中は皮膚が厚く保湿成分の浸透が悪いので、背中用のニキビケア用品や保湿クリームを使用します。朝、晩2回塗って潤いを与えます。

 

肌の生まれ変わりは28日周期です。使い続けることで効果を発揮します。


ホーム RSS購読 サイトマップ