水菜は女性に嬉しい栄養素が豊富で彩りも良い

水菜は女性に嬉しい栄養素が豊富で彩りも良い

水菜は女性に嬉しい栄養素が豊富で彩りも良い

最近、スーパーなどでよく見かける「水菜」。京菜とも呼ばれるアブラナ科の越冬草で、以前は関西中心に食べられていましたが、

 

現在は関東などでも一年中、出回るようになりました。冬が旬の野菜で、おひたしやお鍋に入れて食べることが多いのですが、生でサラダとして簡単に食すことができます。この水菜、実は緑黄色野菜なんです。水菜の栄養素と、その効能をいくつかあげてみましょう。

 

豊富な「ビタミンC」は抗酸化作用があり、活性酸素を抑制します。また「βカロテン」が豊富で、体内でビタミンAに変わり、皮膚や粘膜を強化してくれます。特に最近「水菜ポリフェノール」が話題で、紫外線などで傷ついた肌細胞を正常な状態に戻してくれるといわれているのです。水菜には「カルシウム」も豊富です。

 

100g当たりの含有量は牛乳の2倍ともいわれ、骨粗しょう症の予防にも良さそうです。その上、食物繊維も豊富なので、便秘の予防、改善に加え、血糖値の上昇を抑え、コレステロールの低下も期待されますし、鉄分も多いので、女性の味方といえる野菜ですね。水菜を食べたときに感じる辛み成分は、アリルイソチオシアネートというもので、強い抗菌作用があります。このアリルイソチオシアネートの素になっているグリコシノレートという成分は、肝臓などにある発がん物質を解毒する酵素の活性を高めるとも言われているんです。

 

食べ方の注意点としては、ビタミンCは水溶性なので、煮たり茹でたりすると煮汁に溶け出してしまいますので、煮汁ごといただくようにします。またβカロテンは油と一緒にとると吸収力がUPしますので、サラダにする時は油を使ったドレッシングを使いましょう。買う時のポイントは、葉がピンとしている、緑色がはっきりしている、茎がまっすぐに伸びている、などです。なんとなく頼りなさそうな水菜ですが、意外や意外、すぐれものの野菜なんですね。女性に嬉しい栄養素が豊富で、彩りにも良く、ピリっとした食感もアクセントになる「水菜」を、早速、毎日の食卓に取り入れてみませんか?


ホーム RSS購読 サイトマップ