ビタミンEが与える体と肌への効果

ビタミンEが与える体と肌への効果

ビタミンEが与える体と肌への効果

アーモンドや落花生などのナッツ類やごま油などの植物油やほうれん草やモロヘイヤ、ウナギなどに多く含まれているビタミンEには抗酸化作用があるため、血液中の悪玉コレステロールを酸化させることで減少してくれる働きがあります。

 

そのため血栓ができにくくなるので動脈硬化を予防してくれたり、心筋梗塞や脳梗塞など命に関わるかもしれない生活習慣病を予防する働きがあるといわれています。

 

アーモンド

 

更年期障害を改善

 

ビタミンEは不足してしまうとホルモンバランスを崩してしまうおそれがあります。そのため更年期にビタミンEを摂取しないと、顔だけのぼせた感じになったり、体の不調や心の不調を感じてしまう更年期障害になりやすくなってしまいます。

 

ビタミンEを摂取するように心がけるだけで辛い更年期の不調を予防できたり、また血流も良くなるので年齢によって起こりやすくなる冷え性なども改善できるようになるでしょう。

 

ビタミンEは紫外線対策にもなる

 

ビタミンEには抗酸化作用があるので体の改善だけでなく、肌にも効果が高いビタミンです。

 

皮膚の酸化を予防してくれるので肌を守る「バリア機能」を保つ働きや、血液の循環を促進してくれるため新陳代謝を良くしメラニン色素が沈着するのを予防できるためシミやそばかすの予防にもなります。

 

特に夏の大敵である紫外線や大気汚染などからも肌を守ってくれる女性にとって嬉しいビタミンともいえるでしょう。

 

ビタミンEは他のビタミンと同じように摂取していきましょう

 

風邪予防などにビタミンCを摂取する人は多いかもしれませんが、ビタミンEは心がけて摂取する人は少ないのではないでしょうか。

 

しかしビタミンEには血の流れを良くしたり、肌の調子を整えたり、ホルモンバランスを良くするなどといった良い面が沢山あります。

 

多量摂取することは良くありませんが、ビタミンEが含まれている食材やサプリメントなどで上手に摂取していくことが将来的にも元気に過ごすポイントとなるでしょう。
どろあわわ


ホーム RSS購読 サイトマップ