厚生労働省も妊婦は葉酸を摂取すべきと言う

厚生労働省も妊婦は葉酸を摂取すべきと言う

厚生労働省も妊婦は葉酸を摂取すべきと言う

少し前まで葉酸と聞いてもちょっとピンとこないという人が多かったと思いますし、今でも葉酸という栄養素を知っているのはほとんど妊娠経験のある人が多いのではないでしょうか。

 

なぜなら、葉酸は妊婦さんにこそ摂取してほしい栄養素で、今では厚生労働省でもその重要性を謳っていて母子手帳にも必ずその旨が記載されています。

 

産院の中には妊婦さんに葉酸を積極的に摂取するよう勧めるところもあるようです。

 

 

ベルタ葉酸

 

 

ではなぜこんなにも葉酸が必要なのでしょうか。

 

それは、葉酸が妊娠にとても重要な役割を果たしているからなんです。葉酸というのは本来ならば特に妊娠をしていない成人の人でも毎日200μgは必要とされている栄養素です。
しかし、葉酸が食品に含まれている葉酸の量は少なく、しかも葉酸は水溶性ビタミンの為なかなか体内吸収できないのが現状です。

 

 

そんな葉酸がなぜ妊婦さんに重要なのかというと、妊娠中の女性が摂取することで生まれてくる赤ちゃんの先天性異常のリスクを低減できることがわかっているからです。

 

今、生まれてくる赤ちゃんの中には先天性異常である二分脊椎や無脳症、そしてダウン症の子がいます。

 

その原因の一つとして遺伝子がママから赤ちゃんにちゃんと通達されなかったというものがあります。葉酸には遺伝子情報を通達するときに必要なDNAが正常な働きをするのを助ける効果があることがわかっています。

 

しかも葉酸が先天性異常のリスクを低減させるために必要な摂取期間は妊娠1〜4か月とされているので、厚生労働省でも妊娠1か月前から葉酸を摂取して少しでも先天性異常の子が生まれないように訴えているんです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ